ルネサンス・プロジェクト

「焼酎」ルネサンス・プロジェクト

サカツコーポレーションは、ルネサンス・プロジェクトの「作品」を販売している「魂と志の販売会社」の一員です

それは一人の社員の提案から始まった。

それは一人の社員の提案から始まった。

ある日、サカツコーポレーションの社員の一人が、ある商談の中で、焼酎を商社が取り扱いはじめたことを知った。それは、知名度は低いが良質な地場商品を見つけ出し、消費者の需要に合わせて改良、その上で商社の販売チャネルを活用してブランド化していくというものだった。
その最初の取り組みとして九州の焼酎をターゲットに「焼酎ルネサンス」プロジェクトが始まるという。
彼はすぐにこの話を上司に話し、自社もプロジェクトに参加するよう説得する。

ほかにはない商品を。

永い歴史をもつサカツコーポレーションではあるが、同業他社との差別化は課題となっていた。もちろん、蔵元と信頼関係を築き、直接取引きやオリジナル商品の開発をしてはいたが、何かが足りていなかった。
しかし、始まったばかりの焼酎ルネサンスの商品数は、このときまだ十数種類。
果たして差別化の決定打になるのか、疑問をもつ幹部もいたが、現代の流通の効率化から埋もれてしまっている隠れた銘品、ダイヤの原石となるようなお酒を取り扱えるという魅力的な空気が社内を包んでいった。

ほかにはない商品を。
こだわりに、こだわって。

こだわりに、こだわって。

しかし、現実は厳しかった。
ようやく焼酎ルネサンスの商品を取り扱えるようになっても、その時点では商品としてのブランド力や知名度はゼロに等しい。料飲店や販売店は、試しには仕入れても、積極的には仕入れてはくれない。
それでも必ず認められるお酒であるというこだわりから、サカツコーポレーションは蔵元やプロジェクトを進める商社と一緒に試飲会などの地道な努力を続けた。

そして今。

あれから 5 年以上が経っただろうか。
焼酎ルネサンスプロジェクトは見事に成功し、今では50種類を超えるラインナップとなっている。当初、取り扱いを控えていた料飲店や販売店も消費者のニーズを感じて積極的に仕入れるようになってくれた。
なによりも「美味しいお酒」、「こだわりのお酒」が陽の当たる場所に立ち、本当に蔵元の価値が評価され、そして消費者に求められるようになったことがサカツコーポレーションとしての喜びです。

そして今。

お客様に支持され、安心して飲める、そんなこだわりのお酒をサカツコーポレーションはお届けします。

製品ラインナップはこちらから

お取引に関するお問い合わせフォーム

このページの上部に戻る

このウィンドウを閉じる

Copyright © 2009 SAKAZ CORPORATION. All Right Reserved.

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
お酒は楽しく、ほどほどに。のんだあとはリサイクル。