トップページ > サカツギャラリー > 明治・大正・昭和の作品

明治・大正・昭和の作品

明治時代の作品

<明治時代のポスター>

明治時代のポスターほど「西洋文明」を体現化したものはない。
なぜなら、ポスター自体が西洋生まれの広告法であり、その制作にいち早く乗り出したのが、ビールや葡萄酒、ラム酒といった「洋酒」の製造・販売業者だったからである。黎明期のポスターは、現在のものと大きさや形態が異なるものが少なくなく、別に考える向きもある。しかし、わが国におけるポスター史を語るうえでは、貴重な作例として考察すべき対象なのである。

「富士を背にしてグラスを持つ和服の女性」

楕円形の女性像を縁どるのはビールの原料である麦とホップであり、四角く切り取られているのは札幌と東京の工場である。背景にみえるのは富士山と二重橋を望む皇居、そして桜に霧む上野であろう。
1903年に醸造を開始した東京工場は墨田川沿いに立地し、上野と同じく桜の名所として知られたところである。
富士を背にしてグラスを持つ和服の女性

大正時代の作品

<大正時代のポスター>

大正時代のポスターを一言で形容するならば「豪華」である。
1914年に始まった第一次世界大戦は、わが国に未曾有の好景気をもたらし、それに起因する商戦の活発化は、商工業者に広告法の一つとしてのポスターの役割を再認識させることとなった。このため、この時期に制作されたポスターには、より話題を集めるために、大判で金色や銀色を用いた華やかな色調のものが多く、有名画家がポスター原画を揮毫した例も散見される。

「歌舞伎模様の和服を着た女性」

1913年に製作されたこのポスターの大きさは136.5×96.0cmであり、わが国の戦前期に製作され、現存している作品としては最も大きい部類に入る。
原画を揮毫したのが大阪の日本画壇の牽引役であった北野恒冨であることからも、掲出された当時は非常に話題になったという。
絹本の原画が現存している点においても、わが国のポスター史上貴重な作例と言える。

歌舞伎模様の和服を着た女性

昭和時代の作品

<昭和時代のポスター>

広告活動におけるポスターの位置は、時代を経るに従って大きくなっていったが、これと呼応するように存在感を増していったのが、ポスター用の原画を描く人物である。
なかでも東京の多田北烏と大阪の松田富喬は、昭和を代表するポスター画家であり、彼らはさまざまな企業のポスターを手がけている。ちなみに、彼はポスター上に必ずサインを記しており、ここからは彼らがポスターを自らの作品として意識していた様子がうかがわれる。

「新橋芸者まり千代と横浜新工場」

作家の多田北鳥は、大正後期から昭和戦前期にかけて数多くのポスターを残した。
この作品は大阪毎日新聞社が主催した日本美術展覧会において、大毎推薦賞およびイルフィールド金賞を受賞した。
ビールグラスを杯洗しているのは、新橋の売れっ子芸者のまり千代であり、背景にみえるのはキリンビールの横浜工場である。

新橋芸者まり千代と横浜新工場

以上コメント(ポスター評論家 田島奈都子)

企画展はこちら 企画展はこちら

花咲くポスター文化 〜わが国におけるポスターの歴史とサカツ・コレクション〜

何らかの事物を人々に広く知らしめることを目的に、印刷という複製技術によって制作されたポスターがわが国に登場したのは、19世紀末の明治後期といわれている。
当初、それらは外国製商品と共に、もしくは外遊した商工業者や美術家が、自らの参考資料として持ち帰ったことによって国内に物理的な流入を果たした「舶来品」であった。

最も、わが国には色鮮やかな多色石版による大判の外国製ポスターが登場する以前から、ポスターと同様の役割を担うものとして、木版印刷による「引札(ひきふだ)」が存在し、広く利用されていた。このため、ポスターは新しいものでありながら違和感なく人々に受け入れられ、その制作と使用は年を経るごとに拡大していった。

ところで、ポスターが普及するためには、発注者となる広告主の存在を忘れてはならない。
わが国の場合、初期ポスターの広告主として重要な役割を果たしたのは、煙草、海運、百貨店、酒造・酒販業である。中でも、サカツ・コレクションの中心となっている酒造・酒販業を含む飲料業界は、ポスターの黎明期から今日に至るまで、広告界のけん引役となっていることからもわかるように、そのポスターの変遷を概観することは、日本のポスター史を振り返ることにも通じる。

残念ながら、制作時の姿を今に留めている過去のポスターは非常に少ない。しかし、そのデザイン性については、近年のレトロ・ブームも相まって、再認識・再評価の機運が高まっており、加えてここ数年来、ポスターは時代を如実に表す視覚的史料として各方面から関心が寄せられている。飲料業界のポスターを通史的にまとめて見られるサカツ・コレクションは、質と量を兼ね備えた一級の資料郡である。これらを通して、わが国に早くから「ポスター文化」と呼ぶにふさわしいものが存在していたことを多くの人に知って頂ければ幸甚である。

 (ポスター評論家 田島奈都子)

誠に申し訳ありませんが掲載ポスター作品の販売・複製提供はいたしておりません。
個人情報保護方針 ページトップへ

Copyright © 2009 SAKAZ CORPORATION. All Right Reserved.