トップページ > 企業情報 > 会社沿革

会社沿革

明治29年 現社長の義高祖父である 恒川 吉衛門が名古屋市中区丸田町(旧本社地)に山田屋酒店を創業。
明治43年 初代社長の息子 恒川 正芳が2代目社長に就任。
昭和 4年 現社長の祖父 牧野 輝敏が3代目として引き継ぎ屋号を酒津屋に改名。
戦時中及び戦後、名古屋市中区の食品配給に多大に貢献。
また、レモン・オレンジ、舶来酒の直輸入及び販売を開始。
昭和33年 郵政省により簡易無線の免許を取得し業界初の無線車を使用。
実績を一段と伸ばす。
昭和38年 酒津屋オリジナルブランドの缶詰を販売開始。
現在のオリジナル商品販売の第一歩となる。
昭和40年 栄地下街に「和食 酒津屋」及び「明治ミルクコーナー」を開店。
経営の多角化を図る。
昭和41年 舶来洋酒の専門店「酒津屋中日ビル店」を開店。その後「寿屋」に改名。
昭和43年 酒津屋印コーヒー焙煎部門開設。
同年、酒津屋印トマトジュース3種類を販売。
昭和45年 栄地下街増設に伴い飲食店を2店舗出店。
昭和47年 酒津屋印スパゲッティー及びケチャップの販売を開始。
昭和50年 岐阜営業所開設。
昭和53年 岐阜方面の得意先を(有)ギフ酒津屋に移管分離。
昭和54年 5代目社長に牧野 吉晃が就任。
昭和55年 資本金3000万円にて酒津屋株式会社に組織変更。
事務処理の効率化を図るため、コンピューターシステムを導入。
昭和59年 資本金6000万円に増資。
平成 3年 4月 酒津屋(株)三重支店開設。
     9月 新社屋が名古屋市中区千代田一丁目16番1号に完成。
牧野 吉晃が代表取締役会長となり、6代目代表取締役社長に牧野 純三が就任し、同時にCIを導入。
社名を株式会社サカツ コーポレーションに改名。
(有)ギフ酒津屋を(有)サカツ コーポレーション ギフに改名。
酒津屋土地をサカツ エステート(株)に改名。
酒津屋商事をサカツ シード(株)に改名。
平成 4年 2月 (株)サカツ コーポレーション 静岡支店開設。
     6月 (株)サカツ コーポレーション 富山支店開設。
平成 5年 6月 (有)サカツ コーポレーション ギフが社名を(有)サカツ コーポレーションに改名すると共に石川支店が酒類免許取得。
     7月 (株)サカツ エステートが愛知県知事宅地建物取引業免許を取得、店舗の紹介・斡旋業を開始する。
    11月 (有)サカツ コーポレーション 石川支店開設。
    12月 (株)サカツ コーポレーション 浜松支店開設。
銘酒の森アルコ浜松西店オープン。
平成 6年 3月 銘酒の森アルコ各務原店オープン。
     4月 銘酒の森アルコ大垣店オープン。
     5月 銘酒の森アルコ三重菰野店オープン。
     6月 銘酒の森アルコ静岡豊田町店オープン。
銘酒の森アルコ三河安城駅前店オープン。
     7月 銘酒の森アルコ関店オープン。
     8月 銘酒の森アルコ富士市店オープン。
平成 8年 4月 銘酒の森アルコ穂積店オープン。
     8月 銘酒の森アルコ富士東店オープン。
平成 9年12月 銘酒の森アルコ岐阜北店オープン。銘酒の森アルコ女子大店オープン。
平成11年12月 銘酒の森アルコ静岡店オープン。
平成13年 4月 銘酒の森アルコ浜松中央店オープン。
     6月 銘酒の森アルコ富士駅前店オープン。
     7月 (株)サカツ コーポレーション 福井支店開設。
平成14年 2月 銘酒の森アルコ恵那店オープン。
    10月 銘酒の森アルコ錦店オープン。
平成17年 6月 業務用卸部門のシステムを再構築し、全部門の情報を一元化。
平成18年 2月 (株)サカツ コーポレーション 三河支店開設。
平成18年 4月 (株)サカツ コーポレーション 松阪配送センター開設。
平成18年 5月 7代目代表取締役社長に牧野 充宏が就任。
平成19年 7月 銘酒の森アルコ福井片町店オープン。
平成19年 8月 本社別館完成。倉庫増床と駐車スペースを拡大。
平成21年 7月 銘酒の森アルコ中津川店オープン。
個人情報保護方針 ページトップへ

Copyright © 2009 SAKAZ CORPORATION. All Right Reserved.