先輩社員の歩み 2

転勤をチャンスに!

小島 健太郎

三河支店のムードメーカーとして部下を引っ張る小島さん。現状に満足せずに努力を続ける男です。

氏名 : 小島 健太郎
入社 : 2002年12月
夢  : 毎日シャンパンを浴びるほど飲めるような生活をしたいです。

現在までのキャリアパス

プロを目指して 転勤 資格を取得 努力 入社
2002/12
サカツコーポレーションに入社
2002/12 サカツコーポレーションに入社

小島さんは入社7年目の営業マン。

「前に勤めていた会社があまり景気がよくなかったので、仕事を探してました。興味ある事じゃないと長続きしないので、お酒の仕事を、と思って入社しました。」

2003/6
人よりも頭をつかって

小島さんが最初に担当した仕事は、ルートセールス。早く仕事に慣れるために努力は惜しまなかったようです。

「入った頃はとにかく早く終わらせなくてはいけないと思い、自分でやり方を覚えたり、先輩に教わったり。早く終われば、その時間でお客さんに提案や発注もできますからね。」

2003/6 人よりも頭をつかって
2006/9
資格を次々と取得
2006/9 資格を次々と取得

焼酎アドバイザー、ワインアドバイザー、と仕事の合間に勉強をして次々と資格を取得していった小島さん。

「うわべだけの知識でなく、味を知っていることが重要と考えて、呑みながら、勉強しました(笑)」

2007/5
三河支店への転勤辞令

そんな小島さんに会社から三河支店への転勤辞令が。
しかし、それまでの 2 年間で担当業務を完璧にこなせるまでに成長していた小島さんにとっては、次のステップに進めるチャンスと写りました。

「家から近かったというのもあるんですけどね。」

2007/5 三河支店への転勤辞令
2008 夏
シニアワインアドバイザーを目指して
2008 夏 シニアワインアドバイザーを目指して

今、小島さんは三河支店を支えながら、次の目標であるシニアワインアドバイザーを目指しています。

「ワインの資格も取るだけではダメ。
ワインは料理と切ってもも切れない関係。相性のいいチーズの知識をつけたりして、常にプロフェッショナルと言われていたいですね。」

これからの夢・目標、
そしてみなさんへのメッセージをどうぞ!!

お酒が好きな人はすごく興味を持って仕事ができるのでは?
お酒の知識が増えると、食にも自然と興味が出て楽しみが増えると思いますよ。色々な個性のある人が居るので、面白い会社。
でも結局、良くするも悪くするも自分。僕は会社に行くのが嫌だと思った事は一日もありません。
寝坊はありますが…(笑)

そんな私のお勧め

そんな私のお勧め

マーシャル・グラモンヴォーヌ・ロマネ1級
レ・ゴーディショ

かのロマネコンティを産出するヴォーヌ・ロマネ村の一級畑のワインです。しっかりとした骨格をもちながらもエレガントで柔らかく、まろやかな口当たりです。

個人情報保護方針 ページトップへ

Copyright © 2009 SAKAZ CORPORATION. All Right Reserved.